任意売却・任意売買とは

 

任意売却、あるいは任意売買と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか。アベノミクス効果で経済が上向いてきているとは言え、まだまだ景気の上向きを実感できない、と言う人は多くおられるのではないでしょうか。給料は上がらない、あるいは下がる一方なのに、日々の生活に必要な食料品や生活雑貨の価格高騰は止まらず、生活が以前よりも苦しいと感じておられる方も少なくはないと思います。そんな中、家計を見直し、出費を減らしたりしているものの、当初は毎月ゆとりを持って返済して行けるはずだった住宅ローンの支払いが滞り、せっかく手に入れたマンションを手放さなくてはいけない…と言う人も後を絶ちません。「任意売却」あるいは「任意売買」とは、そのような、住宅ローンの返済がままならない方々のための救済策のひとつなのです。また、あまり気持ちの良い話ではありませんが、人が亡くなる、ということは、精神的な面以外でもとても大変な場合が多くあります。諸々の手続きなどに加え、遺産相続がその代表的な例でしょうか。中でも、親が負の財産を遺した場合の手続その他は、本当に大変なものです。結局、最終的には素人判断では何もできず、税理士さんや社労士さん、弁護士さんなどの力を借りつつ、親御さんが亡くなった後の手続きを進めることになるケースが多くあるのです。このサイトでは、住宅ローンの支払いが難しくなったときの方法について、任意売却や任意売買の観点から考えてみたいと思います。※なお、住宅ローンの借り換えなどで対処できる方は金利比較をして最適化しましょう。>>住宅ローン